バイクの値引きの時期

バイクを購入するということは非常に高価な買い物になりますが、バイクを買う場合に狙い目があります。

この狙い目を知っておくことで様々な値引きを受けることができますが、知らないで購入してしまうと正当な値引きを受けることができません。

バイクの値引きは各バイク屋によって異なりますが、一般的な値引きがバイク本体ではなくて免許証を取得する場合の取得費用の一部をお店側が負担してくれるキャンペーンを利用する方法です。

しかし、あくまでもキャンペーンになっているため、予めに定められた期間内に申し込みをする必要があり、免許証を取得後には必ずキャンペーンに申し込んだお店で購入することが必須条件になります。

現在乗っている車体がある場合には下取りに出すことによって更に安く購入することが可能になっているために多くの人がキャンペーン中に現在の車体を下取りに出して新しい車体を購入しています。

このキャンペーンは中古車に限らず新車にも適用されるために新車を購入する場合の大きなチャンスになりますが、キャンペーンを行う時期は年末に多く行われています。

年末にこのようなキャンペーンをするには年内に在庫処分をすることを目的としています。

年末内に手続きをしておくと年明けに購入する場合にもキャンペーンが適用されるために、年末には多くのお店を回ることが大切でしょう。

また、同様にメーカーの決算月の把握も大切であり、決算にも本決算、半期決算、四半期決算と1年中タイミングはあります。メーカーは上場企業ですので、よりよい決算報告を株主に掲示できるためにも1台でも多く販売しようとする動きは見逃せません。

金額は3万円や5万円などとお店によって異なりますが、多くの費用を負担してもらえるお店でも車体が高額では意味がなくなってしまいます。

そのために、免許証の取得費用のみではなくて車体価格も重視することで格安で購入することができます。

お店によってはキャンペーンではなくて車体価格を下げることでお客さんを集めている場合もありますが、全てのお店で値下げをしているのではありませんが、交渉によってはオプションを付けてもらうことが可能な場合があるために試しに交渉してみるのも良いでしょう。

しかし、あまりにも高価なオプションは付けてもらうことは不可能なために、ヘルメットやチェーンロックなどの格安な商品になりますが、お店によっては、無料で社外マフラーを付けているお店もあります。

多くのお店と交渉をしてみて自分に一番合うお店を探すことが値引き交渉には欠かすことができません。

そのために、予めに値下げ交渉に失敗した場合にどんなオプションを付けてもらうかを検討しておくと値下げ交渉がスムーズに進むでしょう。