中古バイクの値引き

中古バイクを安く購入するには?

バイクはネットオークション、リサイクルショップ、何でも屋、専門店、自動車修理工場など色々な場所で買うことが可能です。

ネットオークションの場合は、誰かよりも高い値段を出す必要が生じますが、出されている商品によっては人が寄ってこないことがあります。

新品同様の品の時は、値段が高く設定されていて、手が出しにくいのが理由です。中古の時は、まだまだ乗れそうに見える品で、価格が割安なら絶好の好機かもしれないです。

ただ、走行距離や本体の表面を写真などで紹介していない場合は、手を出さないほうが無難です。落札した時は数日ほどかかりますが、宅配業者がトラックで家まで輸送してくれます。

リサイクルショップでバイクが販売されている時は、廃車寸前の品も置いていることがあります。知らない人が手を出そうとすると、店長が注意事項を説明してくれるので、誤って買うことはないです。

本体の部品やタイヤなどに、まだ利用価値があると判断したのが商品として出している理由です。新品同様の品や中古として使えそうな品があった時は、店長が免許所持者で知識も豊富なため、相談すれば値引き販売してくれることもあります。

その時は、お互い趣味が合う者同士として、色々な雑談もできると思われます。

何でも屋は規模が大きい店舗の時は、同じ機種の中古バイクを複数販売している可能性が高いです。店側は何とかして売りたいと考えていることから、定価の5割以下になっていることがありますし、更なる値引きも可能性大でしょう。

ボディに傷が全くなく、走行距離もほとんど走っていない時は、買うタイミングとして丁度いいです。

店によっては、購入した品を家まで送り届けてくれるサービスもしてくれます。車で何でも屋を訪れた際は、持ち帰るのが困難なため店にお願いしてみましょう。

自動車修理工場には、修理と同時に車やバイクを販売している所もあります。

足を運ぶと工場の周囲に値段がついている車が沢山並んでいるため、判断するのに困らないはずです。

販売されている品はどれも中古ですが、整備士達が自身で実際に乗車して状態を確認してあるので、見た目は古くても現役で活躍できるものばかりです。

欲しいバイクがあった時は、整備士に相談をすれば値引きをしてくれる可能性があります。

見た目が悪く中々売れない品を扱っているため、早く売りたいというのが整備士の考えです。

ですので、少しくらいは値引きをしてくれると見ていいです。持ち帰りがきつい時は、依頼をすればトラックに乗せて家まで運んでくれます。