バイクの購入先

バイクを買うにはまず二つの選択肢があります。それは新車なのか中古車なのかという事です。

そこから更に店舗で実際に探すのか雑誌やインターネットの通販を利用するのか、店舗なのか個人売買なのかという事を選択しなければなりません。

まず店舗で新車を購入する場合ですが、これはやはり一番安心な方法です。

新車はやはりトラブルが少ないですし、保証もしっかりとしている場合が多いですのでランニングコストまで考えますと下手な中古車よりは結果的に安く済むという事もありますし、購入の際は多少値引きしてくれる事が多いです。

次に中古車ですが、バイクは人気の車種が絶版車となっている車種が非常に多いですので中古車という選択は普通にあります。

ですが、製造から時間が経っていますので各種消耗品がくたびれていたり、前のオーナーの走り方次第ではエンジンにダメージがあったりもしますのでそうした車両はなるべく避けるようにしなければ後から余計に費用がかかってしまう場合があります。

そうした事を避ける為には信頼できるショップで買うという事が当然になりますが、自分で状態を見極める事も大切となります。また、事前に相場を調べておいてその相場より値段が低く設定されているものはなるべく避けるというのも有効になります。

こうした中古車は値引きはほとんど期待出来ませんが、同時にヘルメットやグローブなどの用品を購入するとそこの部分で多少期待出来るかも知れません。

バイクを買う場合一番安く購入出来るのが個人売買になります。方法は雑誌などに掲載されていたり、インターネットのオークションなどを利用するというのが一般的ですが、これは整備などがある程度自分で出来る玄人向けの方法となります。

購入する事自体は個人間のやりとりになりますのでスムーズに進む事が多いですし交渉次第では多少の値引きもありますが、個人のやりとりですのでトラブルが無いという事はありません。

また、購入後に関しても名義変更の手続きなどを自分でやらなくてはなりませんし、車検や自賠責保険が切れている場合はそこからの手続きとなります。

車両の状態も様々で、状態によっては購入後即修理という事もあります。そうした場合、自分で修理出来なければショップに持ち込む事になりますので結果として高くついてしまう事もあるのです。

このようにバイクを買う方法は色々ありますが、自分の買いたい車種を自分に合った方法で購入する事が大事となります